鹿児島市中山の接骨・整骨院 │ 中野接骨院 骨折・脱臼・ねんざ・打撲・挫傷・交通事故・スポーツ障害等、お任せください!

中野接骨院 中野接骨院 中野接骨院 中野接骨院 トップページ トップページ
診療案内設備紹介スタッフ紹介交通事故施術交通案内
はじめての方へ
実際に施術を受けた皆様の喜びの声

診療案内
施術理念
スタッフ紹介
アクセス
健康保険取扱
産前・産後施術
スポーツ障害
セカンドオピニオン
よくある質問

交通事故施術
事故の手続き
交通事故Q&A

接骨院とは?
リンク集
サイトマップ

接骨院ブログ「骨休め」
柔道道場 柔士会
日本柔整外傷協会
Facebook


 鹿児島市中山町の接骨院

 ◎中野接骨院

 >>アクセス方法

 ■施術受付時間■
 午前8:30~12:30
 午後3:00~8:00
 
休診:土曜午後・日・祝日

 ■電話番号■
 099-268-6757

 ■住所■
 
鹿児島市中山町1881-14

 接骨院とは?
皆さんがお住まいの地域にも接骨院・整骨院があるかと思います。
実際、接骨院が何をする所か知らないという人は大勢います。
ここでは、接骨院について、以下の内容で説明していきます。


   ①接骨院の先生の資格について
   ②接骨院と整体の違い
   ③接骨院と整形外科の違い
   ④接骨院の保険取り扱いについて


接骨院の先生の資格について
接骨院の先生の資格は「柔道整復師」という国家資格です。
厚生労働大臣認可の専門学校や大学で専門知識を身につけ、卒業時に財団法人柔道整復研修試験財団が行う国家試験の受験資格が与えられます。
すなわち、学校を出るだけではダメで国家試験に合格しないと柔道整復師を名乗る事はできませんし、患者さんに施術を行うこともできません。

現在では専門学校も全国各地にでき、資格取得者も増えてきています。
国家試験の合格率は全国で70%台と、狭き門となっております。

この柔道整復師の業務内容とは?

柔道整復師には開業権が与えられております。
他にも整形外科のリハビリやスポーツ施設、介護施設等で活躍している人もたくさんいます。
柔道整復師は
骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷の治療のエキスパートです。

当院によく接骨院と整骨院はどう違うの?と質問がきます。
答えは「どちらも同じ」で、いわゆる骨を接ぐと書いて「ほねつぎ」の接骨院。
柔道整復の「整」の字をとっての整骨院があるわけです。
どちらも「柔道整復師」が施術を行っております。

接骨院と整体の違い
接骨院は「柔道整復師」が施術を行うところです。
では、整体院は?
実は、
整体にははっきりした資格がありません。
ですので、当然保険が使えませんし、治療内容に制限はありません。

業務内容としては矯正やマッサージを行っているようですが、専門知識を持っていない人が施術を行っている所もあります。
痛みの有るところをただひたすら揉んだり、歪みがあるからと言って、無理矢理骨を鳴らしたりと、カイロプラクティックまがいの事をする所もあります。
ですので、整体で体を傷めたという方も当院には多数来院されます。
なかには凄く腕のいい方もいますが、あくまでも通院される際には自己責任で通うように。

接骨院と整体の違い
整形外科の資格は「医者」です。
医者と柔道整復師は全く違います。
整形外科はレントゲン検査、手術、投薬を行うことができますが、柔道整復師にはこれらはできません。
これらをすると「医師法違反」となってしまいます。

簡単ですが、柔道整復、整形外科、整体の違いについて簡単に表にまとめてみました。


接骨院と整形外科・整体の違い

接骨院って、保険が使えるだけで、何もできないじゃん。って思った方もいらっしゃると思います。
レントゲンも撮れなければ薬を出すこともできません。
だから、それを補うだけの診断力。治療技術を身につけなければならないのです。
人間の体に備わっている
「自然治癒能力」を最大限に活かす施術
これが接骨院の特徴だと思っていただければよろしいです。

薬には副作用があるし、レントゲンは放射線なので、なるべくなら浴びたくない。
こういう方は接骨院の施術をオススメいたします。

※追記 2015.02
巷に整骨・接骨院が増え、捻挫の見立てや処置も出来ない整骨・接骨院も増えてきました。
最近、急性外傷の患者さんと同伴して整形外科医の話を聞く機会が増えて思うことは、きちんと症状の説明が出来る。超音波画像観察装置等で負傷程度の確認が出来る。重症の場合はギプス固定等の処置をきちんと行える。
上記の事を最低限出来る整骨・接骨院なら大丈夫ですが、単に痛い所を揉む。無理な脊椎矯正を行って悪化させる。急性捻挫の処置がテーピング。骨折・脱臼の疑いで整復、固定もせずに整形外科に紹介。
このような所は避けるべきかと思います。
信頼できる整骨・接骨院の無い場合は大人しく整形外科に行って診断を受けましょう。

 
接骨院の保険取扱いについて
接骨院は病院と同様に健康保険を使うことができます。

国民健康保険・社会保険・組合保険・老人医療保険・労災保険や生活保護・母子家庭等医療費助成制度・乳幼児医療費助成制度の他に、交通事故の自賠責保険も扱うことができます。

ただし、接骨院の保険は
「受領委任」という方法の請求になります。

受領委任のしくみ
この受領委任と言うのは、本来ならば患者さんが全額支払った後に保険者(保険団体等)に請求し、自己負担割合以外の金額を患者さんに償還するのが原則なのですが、柔道整復師が保険者(保険団体等)と協定や契約を結ぶことで、患者さんが自己負担のみを接骨院に支払い、接骨院が残りの自己負担金以外の金額を保険者(保険団体等)に請求する事ができます。

この請求方法について患者さんとの間で受領・請求行為について委任していただきます。

ですので、毎月の請求用紙に患者さんにサインを頂くわけなのです。

よく、初診時に請求金額が記入されていない白紙の請求用紙にサインを書かせる。と批判をする方がいらっしゃいますが、これは完全に合法です。

保険請求業務を月末締めで行い、請求書提出期限(翌月8日)までに患者さん全員分のサインを集めて各保険団体に提出するのは不可能だからです。
当院みたいに県外から来る方がいる院ではサインのためにわざわざ来てもらわなければなりません。
この問題については、厚生労働省からきちんと回答を得ていますのでご心配なく。

診察料金ですが、初診料金で3割負担の方ですと1000円程度かと思います。
整体みたいに3000円近くかかったり、病院のレントゲン検査代等で高額になることはまずありません。(骨折や脱臼の整復・固定がある場合は多少高くなりますが。)
高齢者の1割負担の方なら初診料200~300円程度で、次回からはその半分くらいになり、「本当にそれだけでいいの!?」と驚かれる方も大勢いらっしゃいます。
きちんとした施術を丁寧に安い料金で行ってくれる。
これが接骨院なのです。

但し、急性・亜急性期の骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷(肉離れ等)のみ、健康保険適応となります。
(骨折・脱臼の後療は医師の同意が必要)

慢性症状や慰安目的の施術の場合は健康保険は適応外となりますので、痛みが出たら直ぐに通院するようにしましょう。

長々とお話しましたが、接骨院について簡単に説明させていただきました。
ご不明な点はこちらにご連絡ください。
長文に付き合っていただきましてありがとうございました。

症状別紹介
症例紹介
子育て応援隊

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
Page Top



〒891-0105
鹿児島県鹿児島市中山町1881-14
院長(施術代表者):中野 勝(管理柔道整復師)

平日 午前8:30~12:30 午後3:00~8:00 【予約優先制】
土曜午後・日曜・祝日:休診 急患・往診:応需



 トップページ
 --------------
 診療案内
 --------------
 施術理念
 --------------
 スタッフ紹介
 --------------
 アクセス
 --------------
 はじめての方へ
 --------------
 
患者様からの口コミ
 --------------
 メールフォーム
 --------------
 オンライン予約

 

 健康保険取扱い
 --------------
 産前・産後施術
 --------------
 スポーツ障害
 --------------
 
セカンドオピニオン
 --------------
 よくある質問
 --------------
 交通事故施術
 --------------
 事故の手続き
 --------------
 交通事故Q&A
 --------------
 接骨院とは?

 症状別紹介
 --------------
 症例報告
 --------------

 リンク集
 --------------
 サイトマップ
 --------------
 接骨院ブログ
 --------------
 柔士会
 --------------
 Facebook
トップページ トップページ